団体紹介

Fフォーラムは、 「不安障害者へのアンケート調査」と「不安障害者同士の交流促進活動」を主に行っている非営利団体(NPO団体)です。NPO法人への登記を目指していますが、NPO法人は手続き開始から半年近く時間がかかりますので、少なくとも当面は非法人のNPO団体になります。

Fフォーラムでは、研究活動及び交流促進活動のみを行い、経済活動は行っていません。カウンセリング等の有料サービスは姉妹団体である「カウンセリングルームSentia(センティア)」に委託して行っています。ボランティア活動と経済活動を分けるためです。

現在、常勤スタッフは筆者(六角)のみですが、非常勤のスタッフは10名程度います。今のところ、東京福祉大学の卒業生が多いです。スタッフの多くは、精神保健福祉士や社会福祉士等の有資格者か、または本業で相談援助などの福祉職についている方です。スタッフの年齢構成は様々です。

団体名・連絡先

【団体名】Fフォーラム(不安障害者サポートフォーラム)

【住所】編集中

【メール】info★forum.jp(★は@に変えてください)

【サイトアドレス】https://f-forum.jp

【代表】六角大地(ビジネスネーム)

Fフォーラムが目指しているもの

Fフォーラムでは、次のことを目指しています

  • 不安障害者へアンケート調査を行い、サポート方法を検討する
  • 不安障害者に社会との接点を提供する
  • 必要性によってはソーシャルアクションを行う

心理職あるいは福祉職の現場では、事例検討が頻繁に行われます。それはとても良いことだと思いますが、サポートする側のみしか参加しないため、限界もあります。アンケート調査によってサポート方法の検討ができたら、大きな前進につながると思います。

不安障害は比較的メジャーな疾患ですが、現在でも謎とされている疾患の一つです。不安障害者への理解が進まない理由は、健康な人にも不安はあって、不安障害者のもつ不安と区別がつかないことが大きいと思います。 不安障害者が苦痛を訴えても、「誰にでも不安はある」であるとか「気にしすぎだ」と言われるだけで、苦痛が理解されることは少ないです。そのため、不安障害者は社会から孤立しやすいです。Fフォーラムではそうならないように、不安障害者へ社会との接点を提供していきたいです。

不安障害を理解できる人は、不安障害者だけかもしれません。不安障害を克服した人がカウンセラーやサポーターになって、不安障害者をサポートしていくことができれば、不安障害者にとって心強い存在になると思います。Fフォーラムではそうした人たちが増えていくことを願っています。

Fフォーラムの活動内容

Fフォ-ラムでは、不安障害者の回復がスムーズに実現できるように、アンケート調査による研究活動の他、心理的サポートと福祉的サポートの両方を提供できるようになることを目指しています。具体的な活動は、下記の通りです。

  • アンケート調査・研究活動
  • カウンセリング(電話・訪問等も含む)
  • グループワーク
  • ピアグループの運営・育成サポート
  • 援助者の育成 ・交流
  • 研修・講演活動
  • ソーシャル・アクション

※カウンセリング等の有料サービスは姉妹団体であるセンティアに委託して行っています。